白髪とは・・

年齢と共に増える白髪。ところが最近は、若い人でも多いです。ダイエットや、不規則な食事、寝不足、ストレスなど言われますが、原因は解明が始まったばかりです。
*若くして白髪が多い人は遺伝もあります。ストレスは、ホルモンが関係していることがわかってきていますし、食事では、ミネラルがかかわってきていることもわかってきています。


白髪とは、

髪の毛には、メラニン色素といって、黒い物体が、髪の中に作られます。これがまったくない状態が白髪です。またもともと茶色い人がいるように、人によって、場所によって、メラニン色素の量は違います。同じ真っ黒に見える場合は目で見えての限界ですので、その場合のメラニン色素の量も人によって、違います。なお、白髪は気泡が多く、そのために光を反射してきらきら光るため目立ちやすいですし、30歳を超えてからの白髪は少し太く、癖も強い場合が多いです。パーマは若干かかりづらいですね。

*メラニン色素は、メラノサイトという細胞(たんぱく質)が作っています。このメラノサイトは突起のある星型をした細胞で、メロジンというアミノ酸を原料として、メラニンを作っています。
この細胞の突起の部分から、メラニンを分泌して、毛母から生まれた髪の毛の新生細胞がこのメラニンを拾い上げて、一緒に上がっていくために黒くなります。

<メラノサイト>
核の周りで色素<メラノソームの形成と成熟>が作られ、微小管(太い道路)輸送がおこなわれます。
そこのは逆行性輸送と順行性輸送が存在します。
微小管から、アクチン線維(細い道路)への受け渡しがあります。
Rab27A-Slac2-a-ミオシンVa複合体による輸送・・アクチン輸送
メラノソームが細胞膜に結合
ケラチノサイトへの受け渡しがおこなわれ、髪の毛に色が付きます

理由はともあれ、
1本でも気になるものですよね!
周りの髪の毛が金髪だったら目立たないのに!
なぜ黒なんだと思いますね!
でも気になっても抜かないでくださいね!

カラートリートメントで色をつけてあげましょう



TOPページへ戻る