ヘアマニキュア

髪がコーティングによって、いたみにくくなり、つやが出ます。

さまざまな色があります。

赤色やピンク色を使うと黒い髪の毛も少し赤茶色になり
全体として茶色く見えるため、明るく見えます
茶色を選んでも黒髪が明るくなることはありません。
ヘアマニキュア

茶系以外で染めると、おしゃれをした気分になれます。
茶系だとどれだけ明るくても白髪染めした気分が強いです。

色の印象
赤/情熱や欲望!人間の感情の行動的な部分を表します。(日本人の肌に合う)
青/神秘的で憧れの色です。(硬いイメージ)
黄/勇気や希望をあたえ!笑みが自然とでる色。
紫/高貴な上品な色(間違うと顔色を悪く見せるので薄い色がいいです)
緑/緊張を解きほぐして、自分自身に返してくれる色。
茶/安定した正直な色。
黒/すべてを含んだ色で安らぎも、不安も持つ。
しろ/始まりの色
金/心の喜びの色。
銀/ほこり価格クールですが!もろくて壊れやすい色。

髪質内部まで浸透するタイプがあります。

一般にヘアマニキュアと言いますが、
ペンキのようにベタッと付くタイプと霧吹きで付けたように点の接点で付くタイプがあり、後者のほうがいいです。


<準備するもの>
薬剤と薬剤を塗布するための櫛、乾かないためのラップ、汚れないためのクロスまたは、汚れてもいい服装。
あっためるためのドライヤーなど

<染める工程>
髪の毛にはワックスやムースはもちろん、トリートメントやリンスはついていない状態で行いましょう。
髪の毛は9割か、完全に乾いている状態で行います。

全体に櫛でつけていきますが、特に白髪を染めたいときには、気になっているところを重点的に染めていきます。
染め終わったら乾かないようにラップをかぶっておきますが、
あまり抑えてしまうと地肌が染まってしまいますので注意しましょう。

いつも染まりずらい箇所があるときはラップの上から少しドライヤーを当てて、温めたほうがいいです。
あったまった状態で流すと取れてしまいますので、必ず冷やしてからシャンプーの作業に入ってください。

 

欠点

酸性度が高すぎるのがあります。
*これにより髪の毛が細くなるときがあります。

きしむものがあります

色落ちがひどいものもあり、白い服が着れない場合があります。
汗などでも色落ちするものもあります。

髪の毛にヘアマニキュアをつけてから温度を上げたほうがいいので、家では加温気がないので、
ドライヤーでやりますが、やりづらいです。加温して時間を置いたあとは冷やしてからシャンプーです。

地肌に付くと取れにくいです。
*専用の落とす液もありますが、しみたりします。

リンスやトリートメントの油分で色落ちしやすいです。

利点

ヘアダイで、かぶれた人が、こちらかえられる場合が多いです。

髪の毛が減る原因が入っていません。

これによって体を悪くすることもないです。


天子の輪ができやすいです。


TOPページへ戻る