市販のヘアダイ

多くの人がドラッグストアなどで、ヘアダイを買っておられます。
使い方は1剤と2剤を混ぜるので・・
一見同じように見えますが・・

大きな違いがありました。

よく考えるとドラッグストアなどで買うほうがくさくないかな!

まさしくこれです。

そこで一般の人は、くさくないほうが髪が傷まないと思われます。

ところが、違ったのです。

カラーを染めるのにはアルカリ剤が使われて、
美容室や理容室専用は、アンモニアが使われているのでくさいですが、
使っているうちに蒸発していますし、
ラストにシャンプーすれば・・
ほとんど流れます。

ところが家庭用のものは、
アルカリ剤に、モノエタノールアミンが使われています。
臭みが少ないですが最後のシャンプーの後でも髪の毛の内部に残ってしまいます。
これが傷みの原因になります。

また美容室では過酸化水素水が、6%3%2%などありますが、
家庭用の市販のは6%のみです。
それによってダメージがある髪の毛は傷み、また髪に残った場合は紫外線と反応してばさばさになります。