肌の老化を知る

肌老化は、生まれた瞬間から始まります。
ぷりぷりしっとりのお肌が、いつの間にか今の姿に!
老化とは体が、活性酸素などにより酸化した状態です。
これはまだ解明されていないですが白髪にも少なからず影響を与えています。

1年1年歳をとると、肌や体内でいろいろな変化がみられます。
真皮の水分量1つとっても、赤ちゃんのときは80%あったものが、20代ですでに65%前後になるといわれています。
水分は肌のやわらかさにも影響を与え、髪の毛を作る毛根があるところの肌の柔らかさなども変わりますよね。

肌の表面の表皮にある角質もセラミドの現象により、水分が減って硬くなってきています。
30代から40代には、女性ホルモンの分泌量が低下を初め、コラーゲンが減ったり、
皮脂量が減ったり、ターンオーバーも低下してきます。