染め

染めるとは、今の色合いをほかの色合いにすることです。
染めるものが同じ素材であっても量や時間や温度
それに染められるもの本体が持っている性質によって・・
色合いが違います。

ここでは髪の毛に染めるわけですが、
同じようなことが生じます。
これが染めることがむつかしい理由でもあります。
また、髪の毛の場合は染める素材によってダメージが生じたり、
染まりが悪い場合もあります。

染むには大まかに分けて、
1液と2液を混ぜて、ブリーチをしながら染めるタイプと、
マニキュアのように表面中心で染めるタイプがあります。

基本、白髪には目指していた色が入っていきますが、黒い髪の毛のほうは、
もともとのくろの色合いを構成しているメラニン色素の量などによって、さまざまサイロを呈します。

ここでしょう弑しているカラートリートメントの白髪染めは、
マニキュアに近いもので、
傷まないですが・・
黒の髪の毛の色がほとんど変わらなかったり・・
白の髪の毛に色が入りにくかったり・・
洗ったいると徐々に取れることがあります。

良い面は神谷頭皮をほとんど傷めることがないので、
大切な髪の毛を守っていくことができます。