白髪染め

白髪染めとは、白髪を白からほかの色に染めることです。
白髪は、動物でもあるので、人間が誕生したときからあると思われるのですが、
いつの時代からか白髪を気にする人たちが出て、
染めるものができてきました、

はじめは鉱物を利用して真っ黒に染めるものや、
ヘナのようにオレンジに染めるものが中心でした。

この後、科学的にジアミンという物質が発見されたため、
さまざまな色に染めることができるようになってきました。

ただ、ヘアダイは傷んだり、アレルギーが出るという欠点があったため、

後日ヘアマニキュア*酸性カラーが登場して、
最近では、香草カラーというものも出てきています。

今後進化してきたら元から生えてくる髪の色を調整できるものが出るかもしれませんね。

白髪染めとおしゃれ染めの違いは、
基本おしゃれ染めは黒い髪の毛をほかの色にしようというものです。
白髪染めは白い髪の毛の色を変えつつ、残っている黒い髪の毛も色を変えたいというものです。

最近はヘアダイで、かなり明るく白髪を染めるタイプがでてきているので、
おしゃれ白髪染め!なんていったりします。

また、数本白髪が出てきて黒い髪の毛はそのままでいい場合、
白髪染めというと、なんか年をとった気分になるので、
マニキュアのオレンジや赤で染めて、
おしゃれしたら白髪もそまちゃった見たいな感じにする人もいます。

このなかで・・
カラートリートメントは自宅で簡単にできて、傷まない。安全。ということでシェアを伸ばしています。


TOPページへ戻る