パッチテスト

パッチテストは基本的にアレルギー性皮膚炎防止のために行う作用です。

行う必要があるのは、ジアミン系の染料が入っているカラー材です。

ヘアダイ、ジアミンが入っているヘナ、それに近いもの

これにかぶれる人は、薬液が、顔や耳についていないにもかかわらず
反応を起こして、顔が腫れあがってお岩さんのようになったり、
全身に発心が出る人もいます。

アレルギーというのは、体の中に好ましくないものが入ってきた時に、
これを排除しようという抗体というものができます。

再びこの好ましくないものが入ってきた時に、体の中にできていた抗体と反応して、
さまざまな症状を呈します。(抗原抗体反応)

1度かぶれると次からもかぶれます。

それを確かめておくのがパッチテストであり、やり方は、
上腕の内側の柔らかいところに薬剤を少しのせて、
ばんそうこうなどで止めて1日から2日、様子を見ます。

初めての人でもかぶれる人がいて原因の1つに
ジアミンの色素によく似た構造を持つスルファミン系の薬品や、
パラアミノ安息香酸の紫外線吸収剤が入った日焼け止めクリーム
革製品の染料や、ゴムの酸化防止剤もあるとされています。

もしパッチテストでかぶれたら、薬局で相談しましょう。
たぶんステロイド系の塗り薬を進められると思います。



TOPページへ戻る